ホームタウンとは?

ホームタウンとは?

ホームタウンとは英語で故郷です。

住み慣れた「故郷」で安心して末永くすごせる様にお手伝いをしている介護会社です。

ケアプランの作成やヘルパーの派遣など、在宅介護の支援をサポートし、提供しております。

当社の特徴

当事業所は介護保険を中心に利用し、他の制度、総合支援法、生活福祉法、また、病状によっては医療保険を併用してサービスを利用します。
介護を要する状態となった方々の情報を地域包括支援センター(北区では「高齢者あんしんセンター」と呼びます)と連携を取り、いち早く情報をキャッチし、安心して生活ができ、少しでも生活の質が向上できるようにケアマネジャーがケアプランを作成し、各サービス調整を行います。

その一端として、訪問介護事業所を併設し、機動力の速さを生かし、自立支援に向け、ケアを行っていく。併設の居宅介護支援(ケアマネジャーの事業所)とも連携を密にし、医療関係者、他の事業所(通所リハビリ、通所介護や訪問看護等)とも長年構築してきたノウハウをもとに、利用者様の支援のプロジェクトチームを結成し、一丸となり、少しでもこの地域に住んでいてよかったと思えるような支援をしてまいります。また、介護者の介護負担軽減、仕事をしながら在宅介護ができるように支援いたします。介護離職をしないで、生活ができるよう介護保険を上手に使っていきましょう。

また、少しでも働きやすい環境づくりの一環として、介護職員の報酬をアップするための処遇改善を実施。令和1年12月より、介護職員特定処遇改善加算の申請により、技術力がある職員、経験豊富な職員に報酬のアップを図れるようにいたします。「介護の仕事が楽しい、介護の仕事に誇りが持てる。」と言われるような組織づくり、生活が安定できる給与体制、今後も努力をしてまいります。